私の頭の中の消しゴム

普段あまり韓流は好きではないので、全く見ないのですが、この映画だけは今も好きな映画です。
愛する人が徐々に記憶が無くなっていって、自分の事も忘れてしまう・・
自分ではそれをどうしてあげるコトもできない。
出来る事ならいつまでも自分だけは覚えていて欲しいけど、病と時間がそれをさせてくれない。
若年性アルツハイマー病を取り上げた映画などが当時は無かったのか、見た時に衝撃を受けました。
この映画によってアルツハイマー病が老人病ってわけじゃないんだと知りました。
歳を取って物忘れが激しくなって、アルツハイマー病になって、いろんなことを忘れていく、これが自然で普通だと思っていたので、この病気は歳を取ってなる病気じゃないんだと、この映画で知る事ができました。
段々と色々な事を忘れていってしまう不安。
愛しているのに、愛されているのに、忘れたくないのに忘れてしまう、とても切なくて泣けました。
忘れてしまう事を誰も止める事ができず、とてももどかしくて切なくなります。
いつも当たり前だった事が、当たり前じゃなくなっていって、1人で生活する事すらできなくなって、自分の身の回りの事全てを、もっと大切にしなくちゃいけないな。ってとっても思いました。
一日一日がその場しのぎで、意味の無い日々を過ごしていたけど、それを改めて見直した映画でした。
ラストだけで感動して泣ける映画ではなくて、所々でちょこちょこと泣けるのも良いな、と思いました。
恋愛映画って最後に感動のストーリーが多いなか、この作品だけは違いを感じます。
ヒロインのスジン役のソン・イェジンはとても可愛くて、この作品を見てからですが、とても好きになりました。
チョルス役のチョン・ウソンもかっこよくて、この2人だからこその良さもあります。
韓流の映画やドラマを普段見ないので、役者さんもこの映画で初めて知りましたが、悪くないな、と思えました。
この映画から、若年性アルツハイマー病のドラマや映画が、段々と増えたような気がします。
韓流の映画で当時だととても人気があったのでは?
今でこそ韓流の映画やドラマが人気ですが、この映画の時にはまだ、それほどだったような記憶があるんですが・・
2004年に公開されてから、11年経っていますが、今でも人気の感動映画だと思います。
今のこの時代の作品よりも、過去の映画やドラマ、音楽など、どれにとっても後世に残るものが多いと私は感じます。
特に感動作品は多いので、薄れがちな中でも、この映画は残っていくのではないかと思います。

大ベストセラーにもなっている映画『ビリギャル』

『ビリギャル』は偏差値30の小学生レベルの知能の女の子が一人の塾講師との出会いから現役で慶応大学に合格するお話です。
ビリギャルことさやかちゃんが出会った塾講師の坪田先生が大事にしていることはどんな小さなことでも生徒の良いところを褒めてやる気をださせるということ!そして一人一人にあったカリキュラムを考えて個々の能力が最大限伸びるようになっていること。こんな先生がいたらいいなと思わされる理想の人物像です。
先生の知識の深さだけでなく、生徒の好みに合わせたマニアックな会話もでき、話の幅の広さ、好みを瞬間に察知する力、相手に伝わるように話す、コミュニケーションの奥深さを感じました。
さやかちゃんを取り巻く家族や友達との人間関係も見所の一つです。
バラバラだった家族が一つになっていく過程に起こる様々な障害。親子の絆に涙なくして見れません。年齢を重ね、親子の会話が減ってきてしまいがちな世の中だからこそ、友達や恋人同士だけでなく家族でも見て欲しい作品です。また、頑張る人を応援していくための決断をした友情に、改めて友達の大切さを考えさせられました。
この物語の何よりも見所はさやかちゃんの変化です。思考や行動の癖を変化させていくという選択。学ぶ人を決めて、素直に努力する姿勢が観ている人の心を揺さぶります。
さやかちゃんの努力量を自分と比べると、自分もまだまだ頑張れるかも?!と自分の可能性に期待していけるものです。何もないところから、努力という変化で結果を変えたさやかちゃん。観ている人に勇気を与える作品です。
受験生はもちろん、社会人となり会社で活躍している人も是非観てほしいです。
頑張ることの大切さを教えてくれます。
さやかちゃん役の有村架純ちゃんの可愛さにも目が話せません。私の周りの男性からも大絶賛な架純ちゃん。笑顔が可愛らしく、男女問わず愛される女優さんです。
架純ちゃんの良さは、親しみやすいところもあります。演技が縁起くさくなく、自然体な感じが伝わってくることも共感ポイントの一つなのかなと思います。これからも日本を代表とする女優さんとして活躍が期待出来ます。
さやかちゃんのテストの解答にはクスリと笑ってしまうものばかり。むしろ、その発想力に驚きです。坪田先生も言っていましたが、点数は0点だったけれど、解答欄は全て埋め尽くされています。最後まで諦めない粘りがちの精神がさやかちゃんの持ち味だったのかなと思います。そんな努力の姿にいつしか自分も重ね、努力することの喜びと悲しみをも体感していけるビリギャル。
是非皆様にもオススメしたい大好きな作品です。

「ミッドナイト・イン・パリ」

巨匠ウディ・アレン監督の傑作作品です。
作品の世界観がとにかくおしゃれで、気張らずほどよいゆるさがウディ・アレンらしい作品。
主演のオーウェン・ウィルソンの夢見がちでマイペースな性格と、
その婚約者を演じるレイチェル・マクアダムスの現実的な性格が対照的に描かれていて、
人間劇としてのかけあいの面白さもあり。
現代の主人公がまず1920年代にタイムスリップする話なので、1920年代狂乱の時代のパリの風俗を知れるのも魅力の一つです。
作家を目指す主人公ギルは、ヘミングウェイやフィッツジェラルド、ガートルード・スタインといったその時代を生きた偉大な作家たちに出会えて大興奮。
さらに、ピカソやマンレイ、ダリなどジャンルを超えた芸術家が一堂に集結し、本当に華やかなシーンが盛りだくさんです。
各芸術家を演じる役者さんたちもそっくりな方ばかりで、そういった意味でも楽しめます。
特に、1920年代に女性がショートカットになり膝丈スカートを履きだした黎明期のファッションにも注目するとより「ミッドナイト・イン・パリ」の世界観を堪能できます。
ピカソの恋人役に扮した今注目の名女優マリオン・コティヤールがすごくチャーミングでエキゾチックな魅力に包まれています。
その後、彼らの時代よりさらに古い19世紀後半のパリへとタイムスリップし、そこにはロートレックやドガらも登場します。
現実にもし彼らがいたら、こんな風だったのかと思いを馳せることができます。
どこの時代へタイムスリップしても彼らが口々に言うのが、「前の時代はよかった」ということ。
どの時代の人々も、その時代には満足しておらず、昔の方がよかったと口にするのがこの映画の教訓であるのかなと感じました。
個人的に非常に印象的なシーンは、タイムスリップ中のギルが自分の執筆した原稿を現実界のホテルに取りに戻るシーンです。
瀟洒な1920年代のバーを出て、忘れものに気付きバーへと戻ろうとするも・・・
さっきまで芸術家たちと話を繰り広げていたバーは、おかしなことに現代のコインランドリーになっているのです。
普段私たちが見慣れている場所でも100年前は、もしかしたら芸術家がよく集まっていた歴史的場所であるかも知れないなと思ったら、遠くパリで起こっていた出来事でも、自分の生活や人生にも共通点が見出せるような、作品を通じてただようゆるさの中に、きちんと考えさせてくれる要素がある、そんな作品でした。

小さな恋のメロディー

この映画を初めて見たのは、今から40年位前、当時、中学1年生の時でした。
大好きな男の子がいて、主役のマークレスターに、雰囲気が似ているちょっと、頼りなさそうな、でも、優しい子でした。
英語を初めて、勉強し始めた頃だったので、バックに流れていた、ビージーズの曲を、辞書を片手に、自分なりに、訳したり。
映画の中で、同級生たちに、からかわれながらも、自分の大好きな子に一途に思い続けるところとか。
そして、いつもは、すごい悪ガキの友達が、二人のことを守ってくれて、子供なのに、駆け落ちまで、企ててしまったり。
最後は、トロッコ列車みたいなのに、乗って二人で、いなくなったところで、終わったような記憶があります。
あの後、どうなったのかは、わからないけど。
あんなに好きな子に対して、ひたむきな気持ちを、自分にも、おもってくれることはないかなぁなんて、思いながら、羨ましく、何度もみました。
何年か前に、BSで放送されていたのを、見たけど、なんか、懐かしさはよみがえってきたけど、あの頃みたいには、胸がときめかなくなってしまっている自分が、すごく、さみしかった。
それだけ、自分が、年をとってしまったんだということに、いや応なく、感じさせられました。
今、52歳、もうすぐ53歳なのですが、50歳の節目に中学校の学年全体の、同窓会がありました。
あの時は、35年ぶりに、同級生たちに、会って、とてもなつかしかったです。
一瞬にして、中学生の頃に、戻ったような、なんとも不思議な時間がながれていたようです。
そう感じたのは、私だけだったのか、みんなも感じたのかは、わかりませんけど。
年をとればとるほど、むかしにもどりたい、もう一度やり直して、違った人生を送りたいと強くおもうようになりました。
でも、今も、それなりに、楽しく人生をたのしんでいるつもりなので、まぁ、いいか。
健康に恵まれているし、家族にも恵まれているし。
欲を言ったらきりがないですよね。
まぁ、あと、どのくらいの、これから生きていけるのかは、わかりませんが、できれば、もう少しだけ、お金に余裕のある人生をおくれるように、いっぱいいっぱい仕事して、頑張ってもっともっと、今以上に、人生を楽しくすごせるよう、努力しようとおもいます。
小さなしごとでも、コツコツと、働いていこうとおもいます。
タイムマシーンに乗れることがあったら、あの楽しかった中学生に戻って、もう一度、真剣に勉強してこようとおもいます。

トイ・ストーリー

ディズニー映画の中でもかなり人気の高いトイ・ストーリー。全部で三部作で、とても内容の深いアニメーション映画です。

子どもの頃大事にしていたおもちゃ。もしそれが、自分の目のないところで自由気ままに動き回ったりしていたら。小さい頃、よくそんな妄想をしていたのですが、それをまさに表現してくれた映画です。

アンディという少年が、ウッディやバズというおもちゃを手にし、人間とおもちゃの垣根をこえて友情を作り上げていきます。またおもちゃ同士の友情物語も描かれている、とにかくあたたかみのある映画です。

とにかく数々のトラブルが起こりますが、それらをウッディ達おもちゃが乗り越えていくのです。トラブルというのは、アンディとおもちゃが切り離されてしまう…というものが多いです。でも、ウッディ達は、アンディが大事にしてくれているのだから離ればなれになってはいけない!という信念のもとに、どんなに遠くに離れてしまっても、どんなに邪魔されても、必ずアンディの元に帰るのです。小さなおもちゃ達が懸命に知恵をふりしぼり、ぶつかりながらも協力しあって家に帰るシーンは涙が出ます。なにも知らないアンディがまたおもちゃで遊び始めるシーンはほっとするのです。
二作目まではそのような内容なのですが、三作目はまさかの展開になります。

アンディが大人になってしまうのです。それまではやんちゃで、おもちゃ大好きだったアンディ。声変わりをして、携帯電話を使い、パソコンをぱちぱちしながらママに口答えするシーンは、なんとも言えません。もちろんおもちゃもほとんど処分されてしまいましたが、大事に大切にしていたウッディ達は、いつものおもちゃ箱にいました。
そんなアンディが家をでるのでおもちゃをどうするか、という内容。またちょっとしたトラブルで、離ればなれになってしまうアンディとおもちゃ達ですが、今回はちょっと違うんです。アンディはもう前みたいにおもちゃが必需品ではなくなってしまったんです。そんなアンディのもとに帰るか悩むおもちゃ達。でも最後までアンディを信じていたウッディの言葉を信じて、おもちゃ達はまたアンディのもとへ。でも家をでなければいけない彼は、近所の子どもに大事にしていたおもちゃをプレゼントするのです。

子どもにおもちゃをプレゼントするシーン、実はアンディは一瞬あげるのをためらうのです。特別な思いがあり、手離す寂しさを実感した瞬間。なんとも切なく涙が出ます。本当に大事なおもちゃなんだ、大切にしてね、と。そしてアンディとおもちゃ達はさよならをします。

人は必ず大人になります。それは喜ばしいことであり、うれしいことのはずです。でも、大人になるには色々な経験をします。楽しいことばかりでなく、苦しいことや辛いことも。そのひとつに、大事にしていたものとの別れがあると思います。三作目はそれが描かれているのです。アンディが家をでるときに、彼のママが『ずっと一緒にいられたらいいのに』と言います。切ないですね。

このトイ・ストーリーは子どもも大人も楽しめます。きっと子どもがみたら、おもちゃにも心があるから大事にしなくちゃ、と思うのではないでしょうか。大人も子どもの頃を思いだしたり、今まで大事にしてきたものをふっと思い出せるきっかけになるのでは。

どの年齢層にも楽しめ、最後にはハッピーエンド!心温まるトイ・ストーリーおすすめです。

テルマエロマエ

とにかく出演者が好き!
阿部寛さんは、スタイルが良いし、彫りが深くてカッコ良くて昔から好きでした。
少し癖のある役が多い俳優さんなので、テルマエロマエのあのキャラクターはかなりはまり役だと思います。
上戸彩さんもとにかく可愛くて大好きです。
古代ローマからタイムスリップしてきてルシウスが、日本のお風呂やトイレの文化に触れて驚いたり、奴隷によって動いていると考えて、ローマに戻ってから再現するあたりは、あの突飛な発想力に毎回驚かされます。
作品中では、上戸彩さんが現実で起こった事を元に漫画を描いてどんどん有名になって行くというストーリーも同時進行しているのがまた良いと思いました。
他にも、お風呂をキーワードとして、ローマ時代の歴史的背景がしっかり語られていたり、権力争いやその他もろもろの人間模様など、見どころ満載!
もちろん主人公とルシウスの恋の行方も毎回目が離せません!
普段お風呂という文化に馴染みすぎていて、特にすごいと思ったり、不思議と思う事はありませんでしたが、この作品を見ると、その考え方がガラッと変わります。
銭湯1つにしても、桶や壁の絵、お風呂上がりのフルーツ牛乳やマッサージチェアなど、日本のお風呂文化を知らなければ、これはなんだろう!と疑問を持つ部分がたくさんあるという事に気づきました。
そしてそれを、古代ローマの時代ならどのように再現できるかがしっかり描かれている部分も本当に見どころだと思います。
一作目の最後では、上戸彩さん演じる主人公の家族や周りの人までローマにタイムスリップしてしまい、みんなで力を合わせて兵士達の温泉をつくるという心温まるストーリーで締めくくられていて、本当に笑いあり、涙ありの素敵な作品でした。
二作目は、コロッセオが舞台の中心として始まったり、ローマ好きの私としては最初からかなり熱中して見られる内容となっていました。
古代ローマの情勢や、コロッセオでの闘いの様子が細かく描かれていて、ローマ文化への興味がさらに深まりました。
また二作目では、前作のお風呂、トイレ中心の内容ではなく、プールや温泉街など、スケールが大きくなっていたのも見どころの一つだと思います。
ウォータースライダーや、ゲームセンター、湯もみや温泉街の雰囲気など、ルシウスがローマでそれをどう再現するのかも、随所に笑いが散りばめられていて、とても面白かったです。
そしてさらに前作よりも2人のラブストーリーが深く描かれている部分も良かったです。

千と千尋の神隠し

ジブリの映画は本当に大好きで何度も見てしまうのですが、この映画は本当に何度も見ていて家で時間があるときに急に見たくなり見ることが多いです。
現実なのか夢の中なのか分からない感じの世界観が好きです。私が子供の頃に温泉に宿泊した時に温泉街を散歩したり、食べ物屋さんに入ったりというのを思い出して懐かしくなります。
お父さんとお母さんの冷静な感じも好きで、お店が開いているのか分からないのに食事を始めてしまい千尋がハラハラする場面は子供ながらに悪い事をしているのが分かっていてお父さんは安心させようとしているのが耳に入らずにいる状態は何だか分かる気がします。
湯屋には神様が沢山来て人間は働いて居ないけど千尋はお父さんとお母さんを返してもらうためにその中で働くことを決めたのは本当に一大決心だったんだろうと思うと自分が小学生の頃は何も考えずに遊び呆けていたなぁと感心します。
劇中にすごく汚れている神様が来る場面は元々は綺麗な川の主なのに人間が物を捨てることによって川がどんどん汚れていっているという環境に対してのメッセージも含まれていると思います。海や川は繋がっているので自分がこの位なら捨てても平気でしょうと思っていてもどこかの海に流れ着いて汚してしまっていると改めて考えさせられました。
湯婆と銭婆の双子の性格の違いも面白かったです。
一方は表舞台で活躍しているけどもう一方はひっそりと毎日を過ごしていて交流もほとんどない状態。実際にも兄弟や姉妹で大人になったら疎遠になってしまったという事もあると思うのですが家族を大切にしようと思わされます。
ハクと千尋が実は昔に出会っていたというのも感動しました。ハク自身は忘れていたけど千尋と会って自分がどんな人生を送っていたのかやこれからの自分の進む道を決めるのは困難な事があっても道は開けていくというメッセージにも感じました。
ハッピーエンドで終わるのも見終わってからのほんわかした気分になれて良いですね。
絵の色彩も大好きですし、家族で見れるのもいいと思います。
子供が小さくても色んな人物が出ているし、たくさんの色を使っているので飽きずに見れると思います。
エンディングの曲も物語に合っていて本当に大好きです。家族のことや環境のこと色んなメッセージが含まれていると思うのですがアニメでスッと気持ちに入ってきますし見ていて疲れる事もなくのんびりした気持ちで見れるので手軽に見れる映画だと思います。

ハリーポッター

まず、映画の世界観に引き込まれます。次はどうなるんだろう。などと予想も出来るしすごいおもしろい映画です。ゾクゾクしたりいろいろとおもしろいです!最近ではユニバーサルスタジオジャパンにハリーポッターのアトラクションも出来行くのがワクワクするぐらいです。とくにハーマイオニーグレンジャーとロンウィーズリーの恋はすごく感動するし絆と友情などがとっても感動します。一話は賢者の話しというものでハリーポッターは親がヴォルデモートに殺されてしまいいとこのダーズリー家に連れて行かれるという話しです。ハリーポッターはそこの家に愛されず、階段のしたの物置が部屋でした。そしたら動物園に行くと勝手に窓がなくなりいとこが蛇の牢屋みたいなのに入れられます。それがどうして急に窓が消えたのだろうとか。いろいろと不思議に思う場面がいっぱい増えます。そしたらホグワーツ魔法魔術学校から手紙が来たのにそれを読ましてくれません。その時はわたしもテレビの前で怒りが出てきます。なんで、読ましてあげないのだろう。すごくいけずな家族だなって。。。そしてその日はハリーポッターの誕生日でした。だれにも祝われずに1人でハッピーバースデーをやっていたところ。なんと、1人のでかい巨人が現れました。なんとそれは魔法使いでした。そこで、いろいろな魔法を使うのですがそれがとってもおもしろいんです。もっといたずらしろ!とかもっとこらしめろ!とかいっぱい思ってわたしもいけずな思いになるぐらいです!笑また、ハリーポッターは2人の友達と出会います。それが先ほど出てきたハーマイオニーグレンジャーとロンウィーズリーです。その2人と最終話まで協力しあいどんな困難にも立ち向かう姿がまたなみだがでます。ロンウィーズリーの妹とハリーポッターが結婚したりといろいろ本当におもしろいんです。ハーマイオニーグレンジャーとロンウィーズリーはいろいろとあいまいな仲で今の私たちにもこんなことあるな!と思うようなこともハリーポッターという映画ではいっぱいあります!ほかには、いろいろとお菓子がおもしろいです!百味ビーンズは耳くそ味やゲロ味といった気持ち悪いビーンズもあります!一度食べましたが本当に気持ち悪くなります!かえるチョコなんかはかえるが動きます!そして付録にホグワーツ魔法魔術学校の先生のカードもついて一石二鳥です!ハリーポッターは世界観があふれてなみだあり笑ありっ!本当にわたしの人生を変えてくれた映画です!感謝の言葉でいっぱいです!