大ベストセラーにもなっている映画『ビリギャル』

『ビリギャル』は偏差値30の小学生レベルの知能の女の子が一人の塾講師との出会いから現役で慶応大学に合格するお話です。
ビリギャルことさやかちゃんが出会った塾講師の坪田先生が大事にしていることはどんな小さなことでも生徒の良いところを褒めてやる気をださせるということ!そして一人一人にあったカリキュラムを考えて個々の能力が最大限伸びるようになっていること。こんな先生がいたらいいなと思わされる理想の人物像です。
先生の知識の深さだけでなく、生徒の好みに合わせたマニアックな会話もでき、話の幅の広さ、好みを瞬間に察知する力、相手に伝わるように話す、コミュニケーションの奥深さを感じました。
さやかちゃんを取り巻く家族や友達との人間関係も見所の一つです。
バラバラだった家族が一つになっていく過程に起こる様々な障害。親子の絆に涙なくして見れません。年齢を重ね、親子の会話が減ってきてしまいがちな世の中だからこそ、友達や恋人同士だけでなく家族でも見て欲しい作品です。また、頑張る人を応援していくための決断をした友情に、改めて友達の大切さを考えさせられました。
この物語の何よりも見所はさやかちゃんの変化です。思考や行動の癖を変化させていくという選択。学ぶ人を決めて、素直に努力する姿勢が観ている人の心を揺さぶります。
さやかちゃんの努力量を自分と比べると、自分もまだまだ頑張れるかも?!と自分の可能性に期待していけるものです。何もないところから、努力という変化で結果を変えたさやかちゃん。観ている人に勇気を与える作品です。
受験生はもちろん、社会人となり会社で活躍している人も是非観てほしいです。
頑張ることの大切さを教えてくれます。
さやかちゃん役の有村架純ちゃんの可愛さにも目が話せません。私の周りの男性からも大絶賛な架純ちゃん。笑顔が可愛らしく、男女問わず愛される女優さんです。
架純ちゃんの良さは、親しみやすいところもあります。演技が縁起くさくなく、自然体な感じが伝わってくることも共感ポイントの一つなのかなと思います。これからも日本を代表とする女優さんとして活躍が期待出来ます。
さやかちゃんのテストの解答にはクスリと笑ってしまうものばかり。むしろ、その発想力に驚きです。坪田先生も言っていましたが、点数は0点だったけれど、解答欄は全て埋め尽くされています。最後まで諦めない粘りがちの精神がさやかちゃんの持ち味だったのかなと思います。そんな努力の姿にいつしか自分も重ね、努力することの喜びと悲しみをも体感していけるビリギャル。
是非皆様にもオススメしたい大好きな作品です。