テルマエロマエ

とにかく出演者が好き!
阿部寛さんは、スタイルが良いし、彫りが深くてカッコ良くて昔から好きでした。
少し癖のある役が多い俳優さんなので、テルマエロマエのあのキャラクターはかなりはまり役だと思います。
上戸彩さんもとにかく可愛くて大好きです。
古代ローマからタイムスリップしてきてルシウスが、日本のお風呂やトイレの文化に触れて驚いたり、奴隷によって動いていると考えて、ローマに戻ってから再現するあたりは、あの突飛な発想力に毎回驚かされます。
作品中では、上戸彩さんが現実で起こった事を元に漫画を描いてどんどん有名になって行くというストーリーも同時進行しているのがまた良いと思いました。
他にも、お風呂をキーワードとして、ローマ時代の歴史的背景がしっかり語られていたり、権力争いやその他もろもろの人間模様など、見どころ満載!
もちろん主人公とルシウスの恋の行方も毎回目が離せません!
普段お風呂という文化に馴染みすぎていて、特にすごいと思ったり、不思議と思う事はありませんでしたが、この作品を見ると、その考え方がガラッと変わります。
銭湯1つにしても、桶や壁の絵、お風呂上がりのフルーツ牛乳やマッサージチェアなど、日本のお風呂文化を知らなければ、これはなんだろう!と疑問を持つ部分がたくさんあるという事に気づきました。
そしてそれを、古代ローマの時代ならどのように再現できるかがしっかり描かれている部分も本当に見どころだと思います。
一作目の最後では、上戸彩さん演じる主人公の家族や周りの人までローマにタイムスリップしてしまい、みんなで力を合わせて兵士達の温泉をつくるという心温まるストーリーで締めくくられていて、本当に笑いあり、涙ありの素敵な作品でした。
二作目は、コロッセオが舞台の中心として始まったり、ローマ好きの私としては最初からかなり熱中して見られる内容となっていました。
古代ローマの情勢や、コロッセオでの闘いの様子が細かく描かれていて、ローマ文化への興味がさらに深まりました。
また二作目では、前作のお風呂、トイレ中心の内容ではなく、プールや温泉街など、スケールが大きくなっていたのも見どころの一つだと思います。
ウォータースライダーや、ゲームセンター、湯もみや温泉街の雰囲気など、ルシウスがローマでそれをどう再現するのかも、随所に笑いが散りばめられていて、とても面白かったです。
そしてさらに前作よりも2人のラブストーリーが深く描かれている部分も良かったです。

千と千尋の神隠し

ジブリの映画は本当に大好きで何度も見てしまうのですが、この映画は本当に何度も見ていて家で時間があるときに急に見たくなり見ることが多いです。
現実なのか夢の中なのか分からない感じの世界観が好きです。私が子供の頃に温泉に宿泊した時に温泉街を散歩したり、食べ物屋さんに入ったりというのを思い出して懐かしくなります。
お父さんとお母さんの冷静な感じも好きで、お店が開いているのか分からないのに食事を始めてしまい千尋がハラハラする場面は子供ながらに悪い事をしているのが分かっていてお父さんは安心させようとしているのが耳に入らずにいる状態は何だか分かる気がします。
湯屋には神様が沢山来て人間は働いて居ないけど千尋はお父さんとお母さんを返してもらうためにその中で働くことを決めたのは本当に一大決心だったんだろうと思うと自分が小学生の頃は何も考えずに遊び呆けていたなぁと感心します。
劇中にすごく汚れている神様が来る場面は元々は綺麗な川の主なのに人間が物を捨てることによって川がどんどん汚れていっているという環境に対してのメッセージも含まれていると思います。海や川は繋がっているので自分がこの位なら捨てても平気でしょうと思っていてもどこかの海に流れ着いて汚してしまっていると改めて考えさせられました。
湯婆と銭婆の双子の性格の違いも面白かったです。
一方は表舞台で活躍しているけどもう一方はひっそりと毎日を過ごしていて交流もほとんどない状態。実際にも兄弟や姉妹で大人になったら疎遠になってしまったという事もあると思うのですが家族を大切にしようと思わされます。
ハクと千尋が実は昔に出会っていたというのも感動しました。ハク自身は忘れていたけど千尋と会って自分がどんな人生を送っていたのかやこれからの自分の進む道を決めるのは困難な事があっても道は開けていくというメッセージにも感じました。
ハッピーエンドで終わるのも見終わってからのほんわかした気分になれて良いですね。
絵の色彩も大好きですし、家族で見れるのもいいと思います。
子供が小さくても色んな人物が出ているし、たくさんの色を使っているので飽きずに見れると思います。
エンディングの曲も物語に合っていて本当に大好きです。家族のことや環境のこと色んなメッセージが含まれていると思うのですがアニメでスッと気持ちに入ってきますし見ていて疲れる事もなくのんびりした気持ちで見れるので手軽に見れる映画だと思います。

ハリーポッター

まず、映画の世界観に引き込まれます。次はどうなるんだろう。などと予想も出来るしすごいおもしろい映画です。ゾクゾクしたりいろいろとおもしろいです!最近ではユニバーサルスタジオジャパンにハリーポッターのアトラクションも出来行くのがワクワクするぐらいです。とくにハーマイオニーグレンジャーとロンウィーズリーの恋はすごく感動するし絆と友情などがとっても感動します。一話は賢者の話しというものでハリーポッターは親がヴォルデモートに殺されてしまいいとこのダーズリー家に連れて行かれるという話しです。ハリーポッターはそこの家に愛されず、階段のしたの物置が部屋でした。そしたら動物園に行くと勝手に窓がなくなりいとこが蛇の牢屋みたいなのに入れられます。それがどうして急に窓が消えたのだろうとか。いろいろと不思議に思う場面がいっぱい増えます。そしたらホグワーツ魔法魔術学校から手紙が来たのにそれを読ましてくれません。その時はわたしもテレビの前で怒りが出てきます。なんで、読ましてあげないのだろう。すごくいけずな家族だなって。。。そしてその日はハリーポッターの誕生日でした。だれにも祝われずに1人でハッピーバースデーをやっていたところ。なんと、1人のでかい巨人が現れました。なんとそれは魔法使いでした。そこで、いろいろな魔法を使うのですがそれがとってもおもしろいんです。もっといたずらしろ!とかもっとこらしめろ!とかいっぱい思ってわたしもいけずな思いになるぐらいです!笑また、ハリーポッターは2人の友達と出会います。それが先ほど出てきたハーマイオニーグレンジャーとロンウィーズリーです。その2人と最終話まで協力しあいどんな困難にも立ち向かう姿がまたなみだがでます。ロンウィーズリーの妹とハリーポッターが結婚したりといろいろ本当におもしろいんです。ハーマイオニーグレンジャーとロンウィーズリーはいろいろとあいまいな仲で今の私たちにもこんなことあるな!と思うようなこともハリーポッターという映画ではいっぱいあります!ほかには、いろいろとお菓子がおもしろいです!百味ビーンズは耳くそ味やゲロ味といった気持ち悪いビーンズもあります!一度食べましたが本当に気持ち悪くなります!かえるチョコなんかはかえるが動きます!そして付録にホグワーツ魔法魔術学校の先生のカードもついて一石二鳥です!ハリーポッターは世界観があふれてなみだあり笑ありっ!本当にわたしの人生を変えてくれた映画です!感謝の言葉でいっぱいです!